2009年11月14日

これからの季節は旬の食材がいっぱい

今は旬の野菜が多く、値段も安く、午後からはチャリで買い物に出た。

喜多見のスーパーで1個68円の湘南直送のキャベツと10本100円のバナナに1袋29円のモヤシ、JA狛江で狛江産の5個100円のスダチと100円の小松菜に50円の春菊、市役所前の八百屋で漬物用の130円のカブという買い物だった。

特にJA狛江で仕入れた地元産の小松菜と春菊は新鮮で量も多く、写真で紹介したいくらいである。

部屋に戻って、まずキャベツの外側の部分の泥を洗って6枚ほどを熱湯に通し、小松菜と春菊の半分も茹でて冷蔵庫に保存し、カブを根と葉に切り分けて塩漬けにした。

今はスダチで割った焼酎を飲みながらこの記事を書いている。

野菜もだけど、これから寒くなるにつれて魚も美味しくなる季節である。

今日、喜多見のスーパーの魚売り場に珍しい魚(カジカ)が一匹だけ売られていた。

kajika.jpg

40センチ以上あるカジカで、598円と安い。

普段ならすぐに買って帰って鍋にするところだが、今日は娘の帰りが遅く、カミさんがゴーヤの炒め物や煮物などを作るといっていたから買わないで見るだけにした。

きっと味噌汁にしても美味しいはずだ。

今日買わなかったことで、数年間はこのカジカのイメージから逃れられないと思う。

かじか(鰍、杜父魚)

ちなみに狛江周辺の店に出ている旬の野菜は、先にあげたもの以外ではブロッコリー、大根、カブ、ねぎ、サトイモ、親芋、八つ頭などだ。





posted by 映画プロデューサー at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。