2009年11月11日

「みんな映画で失敗しているよ」と出版社社長のY氏

降りしきる雨の中、二人のプロデューサーと一緒に脚本家のT氏と会うために、車で山梨県笛吹市に向かった。

中央高速に乗ると1時間ちょっとだが、僕にとっては久しぶりの遠出だった。

仕事のついでに秋の紅葉を見物しようという魂胆は雨で半減したが、なかなか映画の仕事(準備以前の段階)らしい行動様式(自分らしい)で、気分はまずまず、いや多少はしゃいだような上々の気分だった。

笛吹市に到着して、果樹園に囲まれたT氏のご自宅で5時間近く、石和温泉にあるレストランでご馳走になりながら2時間という、長時間の面談および打ち合わせをすることが出来た。

途中、ケータイに出版社社長のY氏から電話があった。

もう2週間以上前に、「時間があるときに連絡をください」と留守電に伝言していたことへの返事の連絡だった。

「ちっとも、電話よこしてこないなあ。体の具合でも悪いのかなあ」なんて思いながら、実はもう忘れていた矢先の電話だった。

来週にアポをとったが、そのときに「映画の話、うん、いいよ。でも、みんな映画で失敗しているよ」と電話の向こうで経営者らしい言い方で言ってきたから、「そう、みんな失敗ばかりしているので、よ〜く当て方がわかったんですよ。会ったときに話すから」なんて軽〜い感じで応対することが出来た。

こんなときは仕事がうまく進む。

きっと山梨の果樹園に囲まれた場所で仕事をしていたからだと思う。

新宿の喫煙席がある安い喫茶店で、険しい顔つきでタバコを吸いながらの打ち合わせでは、軽〜い感じの会話にはならない。

「今からでも、すぐそっちに行くよ」なんて気持ちが優先する。


posted by 映画プロデューサー at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電通・博報堂、大幅減収減益、いい気味だなんて思えない

大手のことは実感としてよくわからないが、売上高が前年比17%とか14%というのは結構以上に大変なことなのではないかと推察する。

だって、17%減の電通なんかは1000億円以上のお金が入ってこないのだから。


電通と博報堂、大幅減収減益 ネット広告が初の前年割れ

広告大手の電通と博報堂DYホールディングスの09年9月中間連結決算は、大幅な減収減益になった。自動車や情報通信などの大手企業がテレビや新聞などの広告費を大きく絞りこんだことが響いた。右肩上がりで伸びていたネット広告も初めて前年を割り込んだ。

 10日に発表した。電通は売上高が前年同期比17.2%減の7858億円、本業のもうけを示す営業利益は61.6%減の68億円、純利益は12%減の71億円だった。ネット広告も6%減った。

 博報堂DYは売上高が14%減の4424億円、営業利益は98.5%減の6千万円、純損益は16億円の赤字(前年同期は22億円の黒字)。ネット広告も実質で3.9%減った。沢田邦彦専務は「ネット広告も含めて、自動車の絞り込みが強かった」と話した。

 また、博報堂DYは障害者団体向けの郵便割引制度を悪用した事件に関し、正規の郵便料金との差額として郵便事業会社に支払った解決金約6億8千万円を、特別損失として計上した。


でも、それでもまだ利益が出ているのだから感心すると共にあきれる。

そして、こんな数字が来年も再来年も続くようだと、手の打ちようがなくなるのではないかと思う。

この傾向は再々来年まで、いやもっと先まで僕は続くと思っている。

ネット広告だって6%減なのだから、完全に、お先真っ暗になったと言って差し支えないだろう。

すでに、末端は壊死状態に陥っている。

末端から見ると、「やっと」壊死の転移が中枢に及んできたなということでしかない。

知らん振りをしていても、末端の壊死はガンのように転移するに違いないのだから。

ほこりを手で払うようにはいかない。

しつっこく、まとわりついてくるだろう。

正直、いい気味だなんてとても思えない。




posted by 映画プロデューサー at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ネット上から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。