2009年10月08日

凄まじい淘汰にさらされる弱小広告業界

いまさら広告業界の業績が悪化しているというのもなんだが、こんな記事があった。

最悪のペースで推移……広告業界の倒産件数
リーマン・ショック以降、企業業績は急速に悪化したが、中でも大きな影響を受けたのが広告業界だ。日経広告研究所が発表した『有力企業の広告宣伝2009年版』によると、2008年度の有力企業4444社の広告宣伝費総額は前年度比7.33%減の3兆608億円。連結ベースで見ると、同6.02%減の5兆9245億円となり5年ぶりの減少に転じた。

 依然として厳しい経営環境が続いているが、広告業界はどのような状況に置かれているのだろうか。帝国データバンクの調査によると、2009年上期(1月〜9月)の広告業者の倒産は前年同期比40.6%増の201件に達していることが分かった。負債額別に見ると、「1億円未満」が142件(70.6%)で最も多く、業種別では「広告代理業」が93件(46.3%)でトップ。帝国データバンクによると「広告関連業者の倒産は増加基調が続いており、今年9月までの倒産件数は、2001年以降過去最悪のペースで推移している」という。


倒産が”前年同期比40.6%”という数字はなかなかだ。

僕が知っている弱小の広告会社のいくつかは、リーマン破綻の半年も前から急激に売り上げが落ちているといっていたから、リーマン・ショックによって更に業績悪化が加速したということだろうが、オフィスを狭いところに移したり、定番のリストラをして生き延びようとしている。

残念なのは、ビジネスモデルの転換を図ろうとしているところが少ない。

まあ、今を生き延びるので精一杯なのだろう。






posted by 映画プロデューサー at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聞かれちゃいけない独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。