2009年10月02日

オリンピック2016は南米リオでいいのじゃないか


今夜遅く、2016年オリンピック開催地が決定するという。

olympic.gif

さっきコペンハーゲンで開かれている国際オリンピック(IOC)総会の最終プレゼンテーションをテレビで見たが、シカゴ、マドリード、リオデジャネイロ、東京の4都市が招致運動を展開しており、シカゴはオバマ大統領夫妻、マドリードはカルロス国王、リオデジャネイロはルラ大統領、ニッポンは鳩山首相など各国の元首級がスピーチをして盛り上がっているようだった。

リオとシカゴ(オバマ大統領の参加で一気に優勢になったらしい)がリードして日本は劣勢とメディアは報じているが、個人的には、開催が決まれば南米大陸で初めてとなるリオデジャネイロがいいのではないかと思っている。

コペンハーゲンでの日本のプレゼンテーションをNHKのライブで見ていて、鳩山首相のはつらつ振りに比べて石原東京都知事の顔に「すでに、もう勝負あった」というような表情が感じられたが、僕の思い過ごしだろうか。

都知事には悪いが、老いがうかがえる権力者の必死さ(吝嗇)は感じられたが、健康でさわやかな熱意は伝わらなかった。

ちなみに、2016年はリオデジャネイロで、2020年はアフリカのどこかの都市で開催されるといなと思っている。





posted by 映画プロデューサー at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。