2009年09月20日

自民党総裁選、自分の恥部を各候補者に見る

総選挙のときの自民党の民主党に対するネガティブキャンペーンには多くの有権者が拒否反応を示したが、大惨敗を経験して自民党が大いに反省をしていると思っていたら、党総裁選ではもっと過激なウルトラネガティブキャンペーンが繰り広げられていた。

目くそ鼻くそを笑うというレベルの闘いだ。

もっと悪いかもしれない。

左の鼻くそが右の鼻くそを笑っている。

想像以上に、恐るべきことが始まっているのではないかと思う。

3人の候補者の内2人は世襲で1人は官僚出身だが、3人に共通するのはエスタブリッシュメントであり、ルサンチマンとは縁がなく、さっぱりしているのである。

3人ともそれなりに好感が持てる。

河野氏はいつも赤い顔をしていて飲んでいるのではないかというような暑苦しい雰囲気だが、谷垣氏も西村氏も権力欲とは程遠いようなたたずまいで、平時にはいいけれど戦時にはまったく役に立たないような顔立ちである。

顔で判断してはいけないといわれそうだが、僕は映画プロデューサーであるから、目や顔つきや言動で人(役)を判断する。

女優を見るときは腰つきを大事にする。

においも。

五感で判断するということだ。

その伝で、3人を見てみると、

谷垣氏は、家業継承者として自民党という権力に寄り添うだけで存在してきてまったくクリエイティビティがない人だが、能使としての力量は高く、消滅に向かう自民党を延命させるには最適の人材だと思われる。

河野氏は、父親殺しの衝動を対自民党にすりかえてアイデンティティを確立しようとしていお坊ちゃんで、でやっとそのチャンスが訪れた(遅い)ということであり、負けを承知の総裁選への出馬で離党が決定的である。

西村氏はあまりににもあっけらかんとしていて、総裁選挙ゲームに出られたことを単純に歓んでいるだけの馬鹿のように見えて、古い自民党のパシリをあえて演じていると言われてもしょうがない。

3人の候補者たちは今日から自民党が用意したバスに乗って(途中飛行機などもあるのかもしれないが)全国遊説に出かけるらしいが、いくら3人が激しいバトルを展開しても、一般の国民からすると野党小党の自民党内の内輪の限定的な選挙でしかなく、これから1週間以上も闘い続けること自体が恥ずかしいと思うのは僕だけだろうか。

posted by 映画プロデューサー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画のテーマパーク(お化け屋敷)化に追随か?

アメリカは映画のテーマパーク化(入場料アップの狙いもある)を目論んで「3D」にシフトをしているというが、日本も遅ればせながら追随し始めたのだろうか。

邦画、「3D」に本格進出 10年にかけ新作、若者ら掘り起こし

「わ、凄い!」という感じがない。

とりあえずお化け屋敷的な発想で子供や若者を掘り起こすつもりだろうが、もともとアメリカと比べて高い入場料をとっている上に更に高い入場料を加算して、新たな観客を掘り起こすというのは少し虫が良すぎるのではないだろうか。

観客の掘り起こしは入場料を安くするのが一番で、結果、それが興行収入を増やすことになると思うのだが。

posted by 映画プロデューサー at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民を元気付ける民主党のハッタリ

民主党のハッタリが国民を元気付けるし、もしかしたらもっとも有効な成長戦略の柱になるかもしれない。

民主党が圧勝して政権をとったが、決してマニフェストが支持されたからではないのは、子供手当てや高速道路無料化に賛成する国民が多くないことでわかる。

でも、マニフェストが有効に機能し始めている。

鳩山内閣が発足してすぐさま、それぞれの閣僚がマニフェストの実現に向けてあっけらかんとした様子で官僚に指示を出しているが、国民は一種の驚きを覚えながら政治のダイナミズムというものを実感していると思われる。

政治と有権者が、マニフェストという契約によって、活発なコミュニケーションをとり始めている。

鳩山内閣の発足時の支持率は軒並み70%台を超えていて、発足してからは原口総務大臣に”ヘタレ”の兆候があったり、平野官房長官が官僚の記者会見を禁止(後に解除された)したり、記者クラブの開放が履行されなかったり、鳩山首相以下閣僚が大胆な発言を連発しているが、日増しに支持率は上昇しているのではないかと思えるほどだ。

連立を組んでいる国民新党の亀井郵政担当問題・金融相は、金融機関の中小企業に対する融資の返済を3年間猶予する法案を近々に成立させるとか、民主党のマニフェストにないことなど言い出して「亀井さん、大丈夫なの?」とたまげるが、国民のたまりにたまったフラストレーションや閉塞感を確実にぶち破っているのではないかと思われる。

実現できないときの反動は大きいと思うがそんなことは先の話であって、まずは、国民を元気にさせていることが重要である。

来週は鳩山首相がアメリカに行って、国連の場で世界に向けて「大ハッタリ」をかませてくれそうな情報もあり、政権交代によって日本は大きく変わる可能性が高まってきたのではないだろうか。

今をリードするオピニオンリーダー(煽る人)がいないのが気になるが、まあ、そのうち出てくるだろう。

とにかく今は、世界に向けて”ハッタリ”をかませる時だと思う。


posted by 映画プロデューサー at 00:22| Comment(0) | TrackBack(3) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。