2009年09月18日

自民党総裁選、派閥領袖たちが若手つぶしに西村氏を擁立支援?

谷垣氏、河野氏に続いて若手の西村氏が自民党総裁選に出馬するようになった。

一部メディアでは、谷垣氏を押す自民党の派閥領袖たちが若手を分断する(河野氏をつぶす)ために同じ若手の西村氏擁立に動いたと報じていたが、そうだとすると自民党の未来はより危ういものになるだろう。

これまでの自民党らしいあまりにもみえみえのやり方で、メディアの報道がなくても多くの国民は見抜いていると思うが、地方の票がどう動くのかは今のところ見当がつかない。

でも、結果は見えているようだ。

誰も過半数に届かず、上位2人(おそらく谷垣氏と河野氏)が国会議員だけで行われる決選投票に持ち込まれ、派閥領袖たちの思惑通り谷垣氏が総裁に選出されることになると推測できる。

問題はここからである。

谷垣氏が総裁となり、西村氏を幹事長など要職につけ、一致団結して党の再生をはかるということになるとは思えない。

ましてや、河野幹事長などなどありえるとは思えない。

まあ、森、古賀など長老がしゃしゃり出てくることはないだろうが、石破、石原、舛添、小池、野田などだけでなく、まだ生臭さが残る町村、額賀、加藤などの落ち着く先がない。

となると、谷垣総理、石破幹事長という線がもっともまとまりがいいかなと思う(中堅以上にもチャンスの目が残る)が、それで河野氏たちグループがおさまるわけがない。

と、自民党を知らないものは浅はかに考える。

今日の西村氏の出馬で、総裁選挙の後に自民党の分裂が決定したといえないだろうか。



posted by 映画プロデューサー at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党総裁選、世代間対決で若手が勝てば未来が

自民党総裁選挙に、谷垣氏に続いて河野氏が出馬することになったようだ。

世代間対決になる可能性がある。

谷垣氏が総裁戦に勝つようなことになれば自民党は消滅への道を歩むことになり、河野氏が勝てばかろうじて生き延びるかもしれない。

谷垣氏が勝った場合、河野氏たち若手グループがどうするかが問題である。

まず、僕のようなシロウトから見れば若手グループは離党して新党を作るべきだと思うが、その気概に欠けるから誰かが「幹事長」にでも起用されて再生をはかるということが考えられる。

国民は出来レースと見るし、来年の参議院選挙では勝てず、結果、若手幹事長グループに反発する別の若手たちが離党し、自民党は社民党のような存在になっていくだろう。

河野氏が勝った場合、党の執行部がすべて若返り、離党するエネルギーのない長老グループは若手たちの軍門に下り、再生への長い道のりを歩み始めるだろう。

自民党は世代交代を大胆にするしか道がないはずなのだが、まあ、知ったこっちゃない。

ただ、テレビなどメディアは、もう下野した自民党には関心がないようだ。

posted by 映画プロデューサー at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。