2009年09月08日

シネマ・カフェ・ネットの叶井俊太郎氏のブログ

前に、映画配給会社のワイズポリシーやムービーアイが倒産し、ザナドゥーの社長が失踪して廃業状態になっていると書いたことがあるが、それにかかわる記事としてシネマ・カフェ・ネットのブログが目に付いた。


某配給会社!

2009年09月07日 by 叶井俊太郎 (プロフィール) RSS配信

午後イチに某配給会社の失踪したとウワサの社長の自宅マンションに行ってみる。ポストに会社の名前があるのは見つけたが、管理人のメモ書きで「誰もいません」と張り紙がしてある。入り口はオートロックだったけど、管理人さんがいい人で開けてくれたので、部屋の前まで行きドアを叩くが反応なし。ドアの横に窓があったので、触ってみると開くじゃないですか!ビビったが思い切って開けてみると何もなし!家具もエアコンも電球まで何もない!これは夜逃げか?と思うほどですよ。いまはどこで何してるのか。最近は携帯電話もついに通じなくなってるし。ほぼ回収はあきらめる。


上の記事を書かれた叶井俊太郎氏は配給や宣伝を手がけるトルネードフィルムの代表である。

このような記事が当事者によって書かれることは極めて少ない(ほとんどない)が、今、業界内には噂も含めてさまざまな情報が飛び交っている。

業界通のK氏がS監督に「今年は映画が壊れるぞ」と言ったそうだが、小さくて狭い業界のことを考えると、凄まじい淘汰が始まっていると思わざるを得ない。


posted by 映画プロデューサー at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう、GyaOなんて古いのじゃないのかな?

こんな記事が目に付いた。

GyaO、無料と有料の2サイトにリニューアル--プレーヤーにはSilverlightを採用

もう、ネットであれケータイであれ動画サイトなんて古いのじゃないかと思っている。

おそらく、ヤフーがUSENが経営するGyaOを買収して上記のようにリニューアルしても、多少は会員も増えるだろうが、もう時宜を逸しているとしか思えないのだがどうだろうか。

ウィンドウバブルである。

体力勝負で、使い古した寄せ集めのコンテンツを腐るほど集めて、デパートとアウトレットとコンビニをゴチャにしたような動画サイトを提供すること自体が、いささか古いと思うのは僕だけだろうか。

もうネットもケータイも、それにまつわるコンテンツも、インフラも機能も何の新鮮味もないはずで、それにかかわる経営者たちの頭脳そのものが社会の変化のスピードについていけず、コモディティ化していると僕は思う。

もう、小銭を稼いでいるに過ぎない。



posted by 映画プロデューサー at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 聞かれちゃいけない独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。