2009年08月31日

国民と政治家が共に成長したら、官僚は?

昨日はずっとテレビのチャンネルを回しながら衆議院選挙の開票速報を見ていた。

大々的に報道されているように、民主が圧勝、自民が歴史的な大敗という結果で終わった。

国民が自らの1票で政権交代を実現させた事実とその意味は大きい。

日本の歴史上かつてなかった出来事(無血革命)であり、恐るべき国民の力が民主党を政権党に押し立てたのであって、テレビを見ている限りだが民主党の幹部たちには国民に対する畏怖の念のようなものが感じられたし、何よりも国民自身が自分たちの力を実感したことの意味の大きさは計り知れない程だと思う。

今後、日本の社会が大きく変わっていく予感がする。

そこのところを、大敗を喫した自民党の政治家たちはまったく理解していないように見える。

以前にも書いたように、予想通り政権与党に対する集団リンチのような選挙になったが、選挙区で負けたのに比例復活でゾンビのようによみがえってきたのには身の毛がよだつ思いだった。

そして、この復活したゾンビたちの存在が有権者に嫌悪感を与え、自民党の復活を妨げることになるだろうと思った。

比較的若い自民党政治家たちが自民党に籍を置いて内部から自民党を変えるとか、河野太郎氏などは大敗して小党になってから「乗っ取る」のが手っ取り早いとかいっているが、こんな人たちにたいしたことはできず、自民党はいつ消滅するのかという段階に入ったとも思った。

理解していないという意味ではメディアもそうかもしれない。

今日の夕方、鳩山幹事長が会見(ぶら下がり的)を開いていて民放数社がライブ中継していたが、途中で突然画面が変わって保釈される押尾学の映像を映し出した。

何お断りもなく、ほんの1分ほどの映像を何度も何度も繰り返し流し続けた。

朝、図書館に行って各新聞に目を通したが、ほとんど同じ内容で目新しい記事はなかく、えらそうな論説委員の鼻につく記事にうんざりしてしまった。

僕は国民がこの経験によって一挙にレベルを上げた(悟った)のではないかと想像している。

だから、もう「仕方がない」とは言わなくなるのではないかと思っている。

その意味で、民主党のこれからの行動が大きな意味を持ってくる。

国民と政治家が共に成長する可能性がでてきたのだ。

そして、共に成長するかどうかで官僚が問われる。

でも・・・ま、風通しぐらいよくなるだろう。

今回の選挙で、そんなことを考えた。






posted by 映画プロデューサー at 23:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。