2009年08月08日

酒井法子容疑者が警視庁の富坂所に出頭

正直、酒井法子容疑者事件ももう飽き飽きしてきていた。

風呂から上がってパソコンの前に座り、サッカーと女子バレーがどうなったか調べようと思ってヤフーを開いたら、「え、本当?」と言いたくなるような記事が掲載されていた。


酒井法子容疑者が警視庁に出頭
8月8日20時56分配信 サンケイスポーツ


警視庁は8日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状の出ていた女優の酒井法子容疑者(38)を逮捕した。酒井容疑者は同日夜8時ごろ、警視庁の富坂署に出頭、事情聴取を始めていた。


風呂に入る前に、2チャンネルで「身柄を拘束」という書き込みがあったが、あながちいい加減な情報ではなかったようだ。

別にパパラッチでもないし、酒井法子ファンでもないし、もういい加減酒井法子のことを書くのはやめようと思っていたらこんな調子である。

酒井法子容疑者事件と押尾学事件の前にかすんでしまった総選挙のことや、今日から始まった全国高校野球のことや、すでに始まったお盆の帰省ラッシュのことなど書きたいことはいっぱいあった。

実は、かつて関係があった(今でもか)大手芸能プロダクションのアミューズに関することを、まず書こうかと思っていた。

<アミューズ>顧客情報流出か…カード番号不正利用の恐れ

でも、酒井法子容疑者出頭があってはスルーするしかない。

090808.jpg

上の写真はスポーツ報知の記事から撮ったものだが、サンミュージックや放送関係者、裁判員制度を製作した関係者などもこの刺青に頭を痛めてたというような情報もあり、この業界の隠蔽体質が生み出した事件ともいえるな、なんて思う。

清純派が…のりピー結婚で激変“タトゥー&激ヤセ”

酒井法子容疑者 梵字のタトゥーに激やせ…“異変”の兆候

まだまだ追わないといけない事件なのかもしれない。

posted by 映画プロデューサー at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

押尾学と酒井法子の薬物がらみ事件(その後)

押尾学事件の舞台となった六本木ヒルズの部屋の持ち主が、女性下着通販会社ピーチ・ジョンの野口美佳社長だということが判明した。

ピーチ・ジョン野口社長、押尾事件に「全く関与していない」

また、依然として行方が知れぬ酒井法子容疑者に関しては、こんなニュースが報じられている。

<酒井法子容疑者>弟が覚せい剤使用容疑で逮捕…先月、福岡

全裸女性の死とか元暴力団員の弟とか、この二つの事件には殺伐としたものが感じられる。

ずっと以前、1980年代終わりの頃(いわゆるバブル時代)、マリファナを中心とした薬物事件が頻発して、芸能界がぴりぴりしていたことがあった。

ちょうど『P』という映画の企画を進めようとしていたが、劇中において薬物が取り扱われているというだけで、企画がはねられたような状態だった。

それでも、言葉は悪いが牧歌的ともいえるおおらかなな雰囲気(新しい文化に触れたような)があった。

ほとぼりが冷めたら、また・・・というような気分。

それに比べると、今回の二つの事件に共通しているのは、まったく文化が感じられないということだ。

これらの事件が、僕にはテレビ局を中心とした芸能界の衰退の始まりのように見えてしようがない。

いわばすでに壊死がはじまっており、その内部には膿がたまっており、その膿が噴出したのがこれらの事件だと思える。

それとも、単に往生際が悪いだけのことか。

posted by 映画プロデューサー at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。