2009年08月07日

押尾学が出演している映画3本がお蔵入り?

酒井法子に逮捕状が出て押尾学事件のほうがかすんできたなと思っていたら、こちらもまた新たな情報が出てきた。

夕刊フジから一部引用。
押尾事件、死亡女性宅からコカイン…入手経路解明へ

合成麻薬MDMAを使用したとしてミュージシャンで俳優の押尾学容疑者(31)が逮捕された事件で、犯行現場となった東京・六本木ヒルズのマンションの一室で全裸で死亡していた女性の自宅から、コカインとみられる白い粉末が警視庁に押収されていたことが分かった。麻布署では押尾容疑者の薬物入手経路を解明する重要な手がかりになるとみて調べている。


こんな記事もある。

iZaから一部を引用。
押尾逮捕に映画界衝撃 カンヌ意欲作お蔵入りか

押尾学容疑者の逮捕は映画界にも大きなショックをもたらした。公開を控える映画に押尾容疑者は3本も出演。作品のお蔵入りも心配され、配給会社は悲鳴をあげる。
今年12月公開の「誘拐ラプソディー」(榊英雄監督)を配給する角川映画は「対応を協議中です」と説明。来年2月公開予定の「だから俺達は、朝を待っていた」(内田英治監督)を配給するアステアも「捜査の進展などの状況を見て、制作サイドと話し合って決めたい」とした。今年5月のカンヌ国際映画祭に出品されたスペイン映画「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トーキョー」(イサベル・コイシェ監督)は日本での配給先や公開日も決まっていない。


以前、自分で製作した映画で同じような経験をしたことがあっただけに、とても他人事とは思えない。

特に押尾学事件の場合、女性が死んでいるだけにきわめて厄介だと想像できるので、映画製作関係者の心労は計り知れないものがあると思われる。





posted by 映画プロデューサー at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井法子さんから酒井法子容疑者へ

酒井法子さんが酒井法子容疑者になった。

長男の無事が確認されたかと思ったら、次はこれだ。

覚せい剤所持容疑 酒井法子に逮捕状請求

このニュースをNHK12時のニュースがトップで伝え、民放各社の情報バラエティ番組もこの話題で持ちっきりだった。

海外の反応も多く、摩周湖で投身自殺をしていたなどのガセ情報も飛び交い、2チャンネルは今でも接続できないような状況になっている。

言い方は悪いが、酒井法子と押尾学がらみの事件によって、長い総選挙までの中だるみの時間が埋められているような気がしてならない。




posted by 映画プロデューサー at 13:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。