2009年08月06日

大原麗子さんが亡くなったニュースを見てチビナベを思い出した

今、押尾学や酒井法子など薬物に絡む事件が大いにマスコミをにぎわせている。

そんなとき、女優の大原麗子さんが亡くなったというニュースが目に入った。

女優・大原麗子さん自宅で死去

大原麗子さんとは一度も仕事をしたことはないが、一時期、彼女のマネージャーをやったことがあるW君からいろいろ聞いていた。

W君は早稲田大学を卒業してWプロダクションに入社し、子会社のW企画のマネージャーとして社会人スタートを切ったが、最初の担当が大原麗子さんだったらしい。

マネージャーになったばかりのW君は、大原麗子さんに付き添って京都撮影所での撮影に同行したが、そのロケーション先で便意をもよおして藪の中でおしっこをする彼女をガードすることだったらしく、早稲田大学を卒業して「俺は何をしているのか」と涙が出る思いだったと語ってくれたことを思い出した。

W君は”チビナベ”といわれていた。

彼と僕とはずっと家族ぐるみの付き合いだった。

まあ、いろいろあったということだろう。

・・・。

当時、創立者である渡辺プロダクションの社長が”オオナベ”で、小柄なW君が”チビナベ”というような印象で、ショーケンや沢田研二のマネージメントもやっていたから、業界内ではある種名物マネージャーだったともいえた。

彼は、芸能マネージャーから初めて劇場用の映画監督になった人物でもある。

『モーニングムーン派粗雑に』というアミューズが手がけた最初の映画で、サザンオールスターズの桑田君が音楽を担当し、タイトルのとめにあたる役は大原麗子さんのかつての夫である渡瀬恒彦さんであり、そのプロデューサーは僕だったのである。

この記事をアップしたところで、こんなニュースが報じられた。

女優の大原麗子さん、自宅で死亡…死後2週間経過?

痛ましいことである。

大原麗子さんは”六本木野獣会”のメンバーでもあった。

野獣会のメンバーにも知り合いがいて、いろいろ面白い話を聞いたことがある。

チビナベは業界を去り、野獣会のメンバーだったH氏は脳梗塞になり、大原麗子さんも62歳の若さで亡くなって、どんどんあの時代が遠ざかっていることを実感した。

まだ、みんな、そんなに年でもないのに・・・。


でも、今は大原麗子さんのご冥福をお祈りします。


posted by 映画プロデューサー at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 聞かれちゃいけない独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山民主党はマニフェストにネット選挙解禁を盛り込んでいる?

備忘録をかねての記事。

従来から僕は選挙でインターネットを活用すべきだという立場だが、また、与野党を問わず政治がネットを取り入れることに対して消極的なのが不満であったが、今日、鳩山民主党がネット選挙解禁に言及しているのを始めて知った。

民主・鳩山代表、Twitterユーザーに動画で呼び掛け 「ネット選挙解禁に力貸して」

「Twitterユーザーのみなさん、民主党はインターネット選挙を解禁いたします。力を貸してください」――民主党の鳩山由紀夫代表が、動画でこう呼び掛けている。


民主党のマニフェストにネットを使った選挙解禁が盛り込まれているらしいが、気がつかなかった。

他の党はどうなんだろう?




ラベル:ネット選挙
posted by 映画プロデューサー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット上から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

費用対効果がないテレビCMの凋落

今日の文化通信にこんな記事があったが、ああやっぱりかあというような印象で読んでいた。。

博報堂DYH「第1四半期」売上2142億円、15・9%減、テレビは13・5%減

TBS、赤字49億円に転落へ、通期予想を下方修正

上の記事を裏付けるような、より加速させるような、この記事にはちょっと驚いた。


<衆院選>公明、ウェブCM充実へ 無党派層に狙い絞る
公明党は6日、衆院選用のテレビCM作成を見送り、インターネット用の「ウェブCM」などを充実させる方針を発表した。同党は過去の衆院選で、神崎武法前代表が自らの名前をもじり、「そうはいかんざき」と強調する選挙CMを作るなど、テレビ対策に力を入れてきたが、今回は経費を節減。政治に関心のある無党派層などに狙いを絞り、ウェブCMを党のホームページに掲載する。


テレビCMは見送り=費用に見合った効果ない−公明
公明党は6日の常任役員会で、衆院選向けテレビCMの制作を見送ることを決めた。「費用の割に効果が低い」(幹部)と判断。テレビCMに替えて女性や若い世代をターゲットにした動画を党ホームページに順次掲載する。
 同党はこれまで、国政選挙に合わせてテレビCMを制作してきた。2001年の参院選や05年の衆院選では当時の神崎武法代表を前面に出し、「そうはイカンザキ」のキャッチコピーで話題を呼んだが、党内からは「票に反映されたか不明」との声が出ていた。


公明党は総選挙のテレビコマーシャルに費用対効果を認めなかったのである。

これはテレビにとって、ボディブローどころの問題ではないかもしれない。

自民党のコマーシャルを見ながら「これで、自民党に票がいくのかな、逆効果じゃないのかなあ」なんて思っていたから。

民主党は以前放送したCMを流すという記事を読んだが、テレビも代理店も製作プロも厳しいなあと言わざるを得ない。



posted by 映画プロデューサー at 19:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスモデルが壊れた洋画配給会社の倒産

洋画配給会社ワイズポリシーに続いてムービーアイ・エンタテインメント(株)が倒産したとのこと。

映画・ビデオ配給、制作、宣伝
ムービーアイ・エンタテインメント株式会社
自己破産を申請
負債42億8984万円


洋画配給会社といっても日本映画を配給したり出資したりするケースも少なくなく、製作プロやタレントプロなどにも影響が出そうだ。

昨年から、洋画を買い付けてきて劇場公開し、DVDで回収するというビジネスモデルが壊れていて、比較的小規模な洋画配給会社が危ないと噂されていた。

で、社長が姿をくらましているといわれていたZ社のホームページに飛んでみたら、すでに存在していなかった。

周囲を見回しても明るい兆候はない。

困ったもんだ。

posted by 映画プロデューサー at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。