2009年08月03日

今更だが、テレビの時代を読む眼が劣化している

SMAPの香取慎吾主演ドラマ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系)の第1回視聴率が12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったとのこと。

先日、若いスタッフたちと雑談した際、すでにテレビは時代の最先端を走る仕事ではなく、もはやビジネスモデルとしても壊れかけているから、早く別な仕事に鞍替えしたほうがいいといったことがある。

そのときに、『こち亀』を例に挙げた。

「企画もキャスティングもまったく時代にあってなくて、とち狂った企画だと思うがどう?」ときいたら、ほぼ全員がうなずいていた。

テレビは今後も”垂れ流しメディア”として存続するが、クリエイティブなことやジャーナリスティックなこととは無縁になるはずだ。

もともとテレビとはそういう流通メディアであったのだから、それで十分なのだともいえる。

だが、若いスタッフたちは僕の意見にうなずいたものの、テレビにまだ期待(経済的?)をしている。

はっきりとはいわないが、小さなケータイ動画のコンテンツなんか本気でやってられないといった趣である。

かつての映画がテレビを電気紙芝居と馬鹿にしたように。

正直に言って、僕は多くのテレビ番組に対して生理的な嫌悪感すら抱いている。

特にドラマはすべてであるといってもよく、タレントで見せようとするスポーツ中継、美形タレントにデブ、ちび、アホ、オタク、ヤンキーなどのキャラをまぶしたバラエティ、同じような構成の政治をネタにした情報バラエティなども耐え難いものがある。

テレビは完全に時代を読めなくなっている。

かつては読もうとした時代もあったが、そんな人たちもいたが、成長神話と共にテレビは時代に寄り添って成長してきた。

時代なんて読む必要がなかった。

傍若無人、みんなで赤信号をわたった。


て、時代がけつまづいて先が見えなくなると同時に行く先を見失い、右往左往しているというのが今ではないかと思う。

もう20年以上前からテレビは時代を読もうとしなかったのだ。

時代の最先端を走っているとの思いだけでなく、自らが時代そのもであるとまで思い上がっていたから。



posted by 映画プロデューサー at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 聞かれちゃいけない独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。