2009年08月02日

北海道・小樽で石川遼が優勝し、今夜の全英オープンは宮里藍か?

昨日も書いたが、男女プロゴルフに振り回されている。


プロゴルファーの石川遼選手が、北海道・小樽CCで行われた”サン・クロレラクラシック”で、初日からトップに立ち続けて優勝した。

若干17歳でしかなく、抜群の体格があるわけでなく、並み居るベテランたちを相手に堂々たる優勝だった。

テレビでずっと見続けていたがその強さを言葉にすることができない。

「首の回りが太くなった」とか「よく練習している」とか「メンタル面で強くなった」とかいう人がいるが、そんな言葉では納得できない。

ただ、一打一打にかける集中力が並外れていることは、テレビの画面を見ていてわかる。

だから俳優の優劣を見極めるような感じではわかる。

だがゴルフはスポーツである。

ラッキーだけでは勝てないと思う。

きっとずば抜けた技術があると思うのだが、そのへんのところを解説する人がいないし、よくわからないのである。

やはり”集中力”か?

今夜は全英女子オープンで宮里藍、宮里美香、諸見里しのぶがトップテンで最終日を迎える。

先週アメリカツアーで初優勝した宮里藍の”集中力”も際立っていて、
テレビ画面から迫力として伝わってくる。

かつての樋口久子、岡本綾子の凄みと共通する強さを感じる。

石川遼にもかつての青木功、尾崎将司と共通する飛びぬけた感じがある。

男女ともプロゴルフが新しい次元に差し掛かっているのかもしれないと思った。

”早く世界で活躍してくれ!”というような。

そして彼らの活躍は、われわれに”世界レベルで物事を考えるクセ”を教えてくれているのかもしれないではないか。









posted by 映画プロデューサー at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。