2009年07月31日

衆議院解散から10日が過ぎて投開票日まで1ヶ月となった

今日で7月が終わる。

衆議院解散から10日が過ぎて、8月30日の投開票日まで1ヶ月となった。

今日の夕方麻生総理が自民党のマニュフェストを発表した。

一説によるとマスコミを避けるように(なぜ?)発表されたというが、確かにネット上にも自民党のマニュフェストに関する論評は少ない。

マスコミの垂れ流し的記事はあるが。

誰かは論評のしようもないといっていた。

2チャンネルでもあきれたようなスレが多い。

民主党のマニュフェストが出たときのような手ごたえ(よくも悪しくも)が、まったく感じられないのはどうしたことだろう。

自民党支持者ですらが言葉を失ったような様子である。

この10日間ほど、すでに政権交代が行われて民主党が与党のような立場になり、マニュフェストも民主党が先に発表して、自民党の閣僚たちがまるで野党のような剣幕で民主党を激しく批判し、どちらが政権与党なのかわからないような状況を呈していた。

マスコミは自民党に追随するような論調で選挙戦序盤を盛り上げ、ちょっと異常な状況を形成する中核を担いながら、大逆転ドラマを演出しているのではないかと思えるほどだった。

だが、多くの有権者は今のテレビドラマと同じように演出の手の内はみえみえであるから、「あんたらおかしいのじゃない」と思って冷静に観察していた。

本来ならば、今日発表のあと出しじゃんけんマニュフェストで自民党の本格的な反撃が始まらないといけないのだが、どうもそうなっては行かないような雰囲気が漂いだした。

自民党のマニュフェストにパワーがないのだ。

「あ、そう」という感じ以上のものがない。

まるで落ち目ののタレントのように自民党があがいているように思える。

もう数10分で8月だ。

長い長いと感じていた投開票日までの”40日間”だったが、1ヶ月を切ってどんな展開になるのか楽しみだ。




posted by 映画プロデューサー at 23:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮坂絵美里のエロティックな衣装騒動が決着

こんな記事があった。

ミス・ユニバースの“過激すぎる衣装”、抗議殺到でデザイン変更

何度か宮坂絵美里さんを取り上げてきたのでスルーできなかった。

で、もう一度、ユーチューブの映像を掲載しておこう。



これはこれでいいと思うのだが、いかがだろう。

posted by 映画プロデューサー at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット上から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと出しじゃんけんで自民党がマニュフェストを明日出すというが

民主党がマニュフェストを出して、自民党の閣僚をはじめとする幹部の面々がそろって批判し、それに同調するように各メディアもばらまきだとか財源が明確でないとかかまびすしい。

その辺のおかしさはダイアモンドオンラインで上杉隆氏が明確についている。

民主党マニフェストに“ダメ出し”するのがメディアの仕事か?

自民党関係者、追随メディアだけでなく、御用とはいわないがポジショントークの諸氏も民主党のマニフェストについて諧謔的に発言する。

まったく本気度が感じられない。

民主党が政権をとったらいつでも宗旨替えをするような、まったく迫力がない予想屋のようなもの言いだが、選挙民を一方にリードするような力などちっともない内容だが、新聞やテレビよりも突っ込んでいるところもあり触れておこうと思う。

日経BPネットに田原総一郎氏が下記のような記事を書いていた。

「得か損か」の民主党マニフェストに失望した
長文の記事の最後の一部を引用する。
自民党には、この民主党のマニフェストを批判する資格さえない。

 7月31日には出すと言っているが、政権政党ならもっと早く出すべきだろう。

 民主党は官僚たちや行政から情報が入ってくるのが難しいのだから、相当苦労してつくったことと思う。

 が、自民党にはいくらでも入ってくるのに、何で民主党より早くマニフェストが出せないのか。

 自民党は、民主党のマニフェストを見て真似をしようとしているのではないかとさえ、思える。



”「得か損か」の民主党マニフェストに失望した”というタイトルで民主党のマニュフェストに触れる前に、”なぜ自民党は民主党より早くマニュフェストを出さないのか、真似でもするのか!”ぐらいの記事を書くべきなのだと思ったが、まあそんなポジションが田原氏の居場所だからそれ以上のことは言うつもりはない。

同じ日経BPネットの”花岡信昭の「我々の国家はどこに向かっているのか」”の記事もつらい。

民主党マニフェストはどこがまずいのか

正直言うと、ポジションがはっきりしている人なのでスルーしたかったが、崩壊しかかっている権力に寄りかかっている人の言動も見ておかないといけないと考えて、さらーっと読んでみたのだった。

で、この辺の言論人(恥ずかしい)がのさばってきたのだなとしか思えない記事だった。

これまでは、ある意味で反面教師としての存在価値があったのかもしれないが、僕あたりが引っ込めとはいわなくてもごく近い将来淘汰されるポジショントークの人だろうと思わざるを得なかった。

そして今日で7月も終わり、長い長いと感じていた総選挙まであと30日になって、個人的なことも含めてバタバタとした8月になりそうな気がしている。





posted by 映画プロデューサー at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009総選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。