2009年07月22日

破れ雑巾のように見える自民党

こんなことでいいのだろうか>

破れた布切れを縫い合わせた破れ雑巾のように自民党が見える。

昨日の両院議員懇談会や下記のような記事を見るにつけ。

古賀氏を選対本部長代理に=選対委員長辞任は了承−麻生首相7月22日17時32分配信 時事通信

 麻生太郎首相は22日の自民党全国幹事長・政調会長会議で、東京都議選敗北などの責任を取って辞意表明した古賀誠選対委員長について「辞任の意思は尊重する」と述べ、辞任を了承する考えを示した。一方、「党選挙対策本部長代理をやるよう要請し、古賀氏も納得している」と述べ、衆院選に向け選対本部長代理に起用する意向を明らかにした。
 首相は同党選対本部の本部長で、本部長代理は細田博之幹事長と古賀氏の2人となる。選対委員長辞任後も、古賀氏の実質的な役割は変わらないとみられる。


巧みといえば巧みだが、自民党はこんなお手軽な収拾のつけ方でいいのだろうか。

これで自民党は一丸となって総選挙を戦うつもりなのだろうが、弱い糸(絆)で縫い合わされた破れ雑巾では使い込む前にぼろ雑巾と化してしまい、かつて無かったような惨憺たる結果に追い込まれるような気がしてならない。






posted by 映画プロデューサー at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムリーなネーミング”年金たまご”

「年金たまご」というネーミングに釣られて下記の記事を読んでみた。

「年金たまご」家宅捜索へ=高配当うたう健康食品会社−出資法違反容疑で警視庁

<東京都墨田区の健康食品販売会社「ライフ・アップ」(田沢吉美社長)が、「年金たまご」と称する高配当の年金型ボーナスをうたい、多額の出資金を募っていたとして、警視庁生活経済課は22日、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で、午後に同社本社など5、6カ所を家宅捜索する方針を固めた。
 1人数万〜数十万円程度だが、出資者は高齢者を中心に数万人に上るとみられ、同課が調べている。
 同社関係者の話や内部資料によると、同社は「1口約1万4000円で乾燥ブルーベリーなどの健康食品を毎月購入し続ければ、毎月高額のボーナスが得られる」と説明。3カ月後から発生するボーナスは4000円、8000円と倍増し、約2年後には毎月50万8000円が入るなどとしていた。(2009/07/22-12:35)


それですぐに”「ライフ・アップ」(田沢吉美社長)”をネットで調べたがそれらしき会社は見当たらないが、こんな記事があった。


ライフアップという年金たまご?について。 - Yahoo!知恵袋

おかげでよく理解できた。

それにしても”年金たまご”とはタイムリーでうまいネーミングと思う。

信頼を失いかけている今の年金に比べて、孵化して大きくなりそうな感じに思える。

posted by 映画プロデューサー at 19:40| Comment(1) | TrackBack(3) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。