2009年07月19日

胃の中に生息するピロリ菌が糖尿病と関係がある

昨年、胃潰瘍でピロリ菌の除菌をした経験があるが、ピロリ菌が糖尿病とも関係しているらしい。

新聞記事はすぐに削除されるので、読売新聞から全文を引用。
糖尿病の一種、原因にピロリ菌…東北大教授ら発表

胃潰瘍(かいよう)などを引き起こすヘリコバクター・ピロリ菌が、糖尿病の一種「B型インスリン抵抗症」の原因になることを、東北大創生応用医学研究センターの片桐秀樹教授らが突き止めた。

 患者からピロリ菌を除菌したところ糖尿病が完治した。診療例は著名な英医学誌「ランセット」7月18日号に掲載された。

 B型インスリン抵抗症は、患者の免疫機能がインスリンの働きを妨げる糖尿病。数千人から数万人に1人が発症する比較的珍しいタイプで、通常の糖尿病治療はほとんど効果がない。

 片桐教授らは、B型インスリン抵抗症の患者が血小板減少症にかかっていたため調べたところ、ピロリ菌感染が判明。昨年3月に血小板減少症に対する治療として、抗生物質による除菌を実施すると、糖尿病も治癒し、現在まで再発せず完治したという。

 片桐教授は「ピロリ菌が、患者の免疫に何らかの悪影響を与えることで、糖尿病の一因になったようだ。除菌は根治療法として期待できる」と話している。


ピロリ菌は、人の胃に生息するらせん状の細菌でヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)といい、発展途上国で感染率は高く、先進国では低いらしいが、日本人は極めて高い感染率だとのこと。

現在、ピロリ菌除菌療法が保険適用されるのは「胃潰瘍」と「十二指腸潰瘍」のみで、ピロリ菌感染者でも潰瘍のない場合は、除菌療法は原則自由診療となっているというが、保険がきかないということなのだろう。

僕の場合は胃潰瘍だったので保険が適用され、一日3回、7日間薬を服用し、ピロリ菌除菌に成功した。

これで除菌できなかった場合は、もっと強力な薬を服用しなくてはならなかったが、一週間の間一滴もアルコールを摂取せず何とか除菌できたのだった。

衛生状態が悪い頃に生まれた人にピロリ菌感染者が多く、衛生状態がよくなって生まれた若い人たちには少ないという。

そして、一度除菌したら再感染は無いという保証は見当たらず、ピロリ菌という言葉にはすぐに反応してしまう。



posted by 映画プロデューサー at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。