2009年07月16日

自民執行部は麻生首相退陣につながりかねないとして両院議員総会開催を拒否

自民党の中川秀直・元幹事長などが中心となって両院議員総会の開催に必要な128人以上の署名を集め、今日の午前中に細田幹事長に署名を提出すると共に週内の開催を求めていたが、先ほど自民党執行部は両院総会を拒否すると発表したようだ。


日本経済新聞のWebサイトに下記のような記事が更新された。

自民執行部、両院総会を拒否 懇談会の開催探る

中川氏などはなお署名増への働きかけを続けているらしいが、党を2分するようなエネルギーに欠けており、これで両院総会問題は終結に向かいそうな気配だ。

”懇談会”ですって。

なんと迫力の無いやり取りだこと。

麻生陣営にも反麻生といわれる陣営にも猛々しいエネルギーがまったく感じられない。

いや、陣営すら無いように思われる。



posted by 映画プロデューサー at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断末魔のエネルギー”麻生降し”が本格化

もう寝ようかと思ったらこんなニュース。

断末魔のエネルギーの発露か?

中川元幹事長「両院総会の必要署名集まった」(読売新聞)


両院議員総会要求 署名3分の1超える 週内の総会開催を要求 自民執行部、阻止に奔走 きょう最終攻防(産経新聞)

自民:「このままでは死屍累々」両院議員総会開催焦点に(毎日新聞)

この記事を書いている時点で、朝日新聞、日本経済新聞のWEBサイトに関連記事はなかった。

ガセネタでなかったとしたら、遅い!

恥ずかしいことだ。

自民党は最悪の事態に突っ走っているともいえるが、わかりやすい状況になりつつある。

かつての社会党が今の社民党になったように、自民党という名前が早くなくなってほしいと思っていたが、そうなった方が日本のためにはいいと確信していたが、この動きでその可能性が出てきたのではないかと期待している。

まあ、明日の楽しみが増えた。

posted by 映画プロデューサー at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

”ライフ・スタイル”や”ワーク・ライフ・バランス”を考える前に

この数日、ある企画を作るために”ライフ・スタイル”や”ワーク・ライフ・バランス”のことについて考えをめぐらしていた。

”人々が、未来に牧歌的な生活スタイルを獲得するためにはどうしたらいいか”なんて。

で疲れて、いっぱい飲みながら人生の時間と拘束された時間のことについて書こうとしたら、時折グラスを傾けながらキーボードのキーを打ち込んでいたら、とても就寝前にちょこちょこっと書けることではないことがわかった。

以前書いた記事につながることだ。

2009年06月18日
仕事を”レイバー(Labor)ワーク(Work)プレイ(Play)”と区分けすると理解しやすい


レイバー(Labor)では拘束時間が最大の問題であるが、プレイ(Play)ならば拘束時間は問題にならない。

おおむね歓びがない仕事であるレイバー(Labor)の方が報酬が低く、拘束時間が気にならないプレイ(Play)の方が報酬が高いという構図について、分析的に書こうとしたのだがいっぱい飲みながらでは無理だった。

そんな分析をする前に、”レイバー(Labor)ワーク(Work)プレイ(Play)”について、考えなくてはならないと思ったのだった。



posted by 映画プロデューサー at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。