2009年07月12日

東京都議選 その4 

その後の推定投票を掲載する。

微妙な数字の変移が気になるので備忘録も含めて。

090712d.gif

18時の発表も合わせて。

090712e.gif

NHKニュースによると、開票は早いところで20時30分頃から行われるとのこと。

posted by 映画プロデューサー at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都議選その3期日前投票分

20090712163327.jpg

外に出て思った。

たしか期日前投票が前回より1,8倍ほど増えて、85万票ばかりあるとニュースでほうじられていたはずだ。

その分はどうなる?

後で加算されるなら、発表されている投票率にプラス3ポイントしなくてはならない。

とすると、素人予想屋の予想投票率52%に限りなく近づくのだが。
posted by 映画プロデューサー at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都議選その2 推定投票率

選挙管理委員会がほぼ1時間ごとに推定得票率という数字を発表していることに気づき、14時ごろの発表を見ていたら5ポイント近く前回より上がっていた。

これなら15時の発表では5ポイント以上投票率が上がるなと思っていたら、15時の推定得票率は下記のようになっていた。

090712a.gif

3ポイント台に落ちているではないか。

で、証拠として(更新されてデータが消えるから)プリントしておいたわけだ。


まだ、15時の正式発表はない。

すでに45分も過ぎようとしているのに、何をモタモタしているのだろうかなんて考える。

発表が出た。

090712b.gif

島しょ町村部の数字が低いが絶対数が少ないので、大勢に影響はない。

ほぼ推定投票数に近い。

ということは、この段階では大して投票数は伸びていないということになるようだ。

posted by 映画プロデューサー at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都議選投開票日その1

20090712121922.jpg

テレビでサンデープロジェクトを見たあと、都議選の投票所がある狛江市民センターに行った。

もちろん「清き一票」(死語?)を行使するために。

天候は絶好の選挙日和と思われる。

薄曇りで暑くもなく、爽やかな風も吹いていて、投票所に向かう人も多いように感じられる。

選挙管理委員会の投開票速報はこちらから見れます。

http://219.109.13.251/togisen/index.html


posted by 映画プロデューサー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サントリーの宣伝方法をひどいと思うのは僕だけだろうか?

サントリーがこんな宣伝方法でいいのだろうか。

毎日新聞サイトからふと釣られて見たが、釣りのコピーのことではない。

下記の動画コンテンツそのものに問題がある。


http://www.suntory-kenko.com/afm/yahoo_nnsmvaf_aj0907c/

サントリーはインターネットユーザーのことをほとんど理解していないのではないかと思った。

釣られて見てしまった自分にも問題があるかもしれないが、サントリーだからという信頼が最後まで見てしまった要因であり、こんな書きたくもない記事を書いてしまったのである。

あるいは、僕だけが感じる不快感なのだろうか。

posted by 映画プロデューサー at 01:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都民の一人として東京都議会選挙を考えてみた

明日(書いているうちに日が変わってしまったが)は東京都議会議員選挙の投開票日である。

言い方は悪いが来るべき総選挙を控えて、その前哨戦としてだけの選挙の様相を呈しているが、都民の多くは結構楽しみにしているのではないかと思う。

今回と次の総選挙と2度にわたって楽しめるイベントだからだ。

それも、100年に一度の経済(?)危機の最中、この国の将来を決める最重要イベントであり、それに1票とはいいながらステークホルダーとして参加できる。

めったにあることではない。

それに、テレビや新聞だけでなくネットを含むすべてのメディアがこのイベントにたかる。

無料で参加して、その結果がどうなるかはわからない(それも楽しみ)が、解散とか麻生降ろしとかの政局が今度こそ待ったなしで動くだろうし、総選挙から新しい内閣の組閣までいくつものサプライズがあるだろうし、それらのすべてをテレビをはじめとするあらゆるメディアとともに、われわれは喰らい尽くすことができるのである。

ところで新聞によると、各党は明日の投票率を50%前後と予想しているらしい。

それでも高い投票率だとのこと。

ちなみに、1%で10万票ほどの違いがあるそうだ。

低い投票率での結果と高い投票率での結果とは根本的に異なると思う。

イベントは満員のお客さんがあってのことだ。

お客の入らないイベントは消滅するしかない。

選挙をイベントにたとえるのは違うという意見もあると思うが、僕はすべての選挙が最大のイベントだと考えている。

選挙がお客の入らないイベントとしてこれまで続いて来たとしたら、選挙民にとって不幸なことであり、どこかにそうなる理由があったのだと思う。

為政者がそうしてきたのだ。

政権与党も野党も、もちろん官僚も一緒くたになって。

おそらく、インターネットの出現があり、ブロードバンド化され、コモディティ化されたことによって、予想もつかないことが起こり始めているのだと思う。

もしそうだとすると、ある意味でこれからの未来は面白いといえる。


posted by 映画プロデューサー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。