2009年07月06日

エピローグ 静岡県知事選挙

昨日の今頃は、ひょんなことから静岡県知事選挙の開票を追うようになったが、最終投票結果を掲載すると共に自分なりの総括をしておく。

(更新日時:7月6日 0:48) [更新]

静岡県知事選

 開票 終了 

 有権者 3,037,911人  投票率 61.06% 

   党派  新旧 当選
当確  得票  得票率  年齢
 川勝 平太  無  新   当  728,706  39.6   60  
 坂本由紀子  無  新      713,654  38.8   60  
 海野  徹  無  新      332,952  18.1   60  
 平野 定義  共産  新      65,669  3.6   59  



総括といっても、自民党とも民主党とも関係がなく、もとより静岡に身よりもなく、どこかのしかるべきところに所属しているわけでもないから当然無責任な総括となる。

それを前提に言うと、静岡県知事選挙にいたる一連の選挙結果を見ながら思うことは、自民党だけでなく、民主党も、社民党も、公明党も、共産党も、国民新党も、すべての既成政党が有権者に飽きられていて、コントロール能力を失った政党政治が迷走しているというのが昨今の状況だろう。

来週の東京都知事選挙、来るべき総選挙と続くが、この数年、日本の政治はそのときそのときの政局だけで推移していくのではないだろうか。

僕も描けていないが、政治家、経済学者、科学者、宗教家、大学の先生、企業のトップ、周囲の長老たち、誰も未来のビジョンを描けてない。

そんな状況下、一般の下々の人たちがときめくような未来を描けるわけがないということを前提に言うが、ネット上でいうところの集合知がネット状ではさして力を発揮できなかったと考えるが、思いもよらず、リアル世界で効果的に作用し始めたのではないかと僕は思う。

下々の次元が上がったのかもしれない?

とすれば、めちゃくちゃ面白い時代が来るはずであり、そこに向けた大きな変化が始まっているのではないかと思った。

まるでゲームみたいな未来だ。

無責任な総括みたいに見えるけど、大きなブルドーザーよりはるかに大きな力を持ったインターネットが、見えない人には見えないところでその影響力を発揮し始めただけのことではないかと考えられないか。

ギアチェンジが上から与えられるのではなく、下々が自らチェンジしようとしているのだと想像すると、まるで神の力のようなものを感じて恐れ入ってしまう。

posted by 映画プロデューサー at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。