2009年05月19日

初版2万刷(15.5トン)の『筑豊原色図鑑』という本

『筑豊原色図鑑』という本は、僕が約1年間の取材を経て1999年に発刊したものだが、このブログのトップページにも写真入で掲載しているからあまり書きたくないのだが、今日、ある人から注文を受けて発送したので書いている。

初版で2万部(1冊725グラムだから15.5トン)を刷ったら、福岡の出版社が「でたらめだ、本屋のやることではない。映画屋のやることだ」といわれたことがある。

普通、初版発行部数は3000部とか4000部らしいが、この手の本はもともと売れないからまず出版されることはないというのが、当時の
福岡出版界の常識だったらしい。

ちなみに、当時この本の出版パーティを後輩のT君(故人)が飯塚市内のホテルで開催してくれたが、代表発起人は今の麻生太郎総理大臣でとても盛大だったと記憶している。

今となっては、こうしておけばよかったとか、ああできたのになあとか思うこともあるが、あるいは恥ずかしささえ覚えてしまうが、この本がある意味で今の自分を支えている。

本の内容や出来ではなく、それを自分でやったということがである。

国も自治体もまったくといっていいくらい非協力的だった。

こちらも生意気だった。

木っ端役人なんか相手にするつもりもなかった。

「手前らが早いところやるべきことだろ!」と思いながら、人口50万人が住むエリアを毎日取材して回った。

ある女性は、「松本さんは、いつも飄々としているから」と言ってくれた。

飄々としたふりをしているだけなのだが、まあそれなりに嬉しく、元気を貰った。

ある人から見ると、傍若無人な振る舞いだったかもしれない。

新聞記者以上の、まるで検察官や裁判官のように相手をなめきっていた。

1年間の生活費や取材費を調達しなければならなかったが、僕にとっては毎日がエンターテインメントみたいなものだった。

写真は35ミリカメラで12000枚ほど撮った。

ほとんどの原稿を自分で書いたが、苦しくて反吐が出そうだった。

出版後すぐにパソコンを手に入れて、この本を元にWEBサイト『筑豊一番』を開設した。

慣れないパソコンに向かって朝から晩までページを作り続けていて体調を壊したりしたが、しばらくはWEBで生計を立てていた。

すでに10年ほど前に、九州の田舎で、50歳を過ぎた男がWEBで生計を立てていたという事実は、そう馬鹿にできる話ではないのではないかと思っている。

で、『筑豊原色図鑑』だが・・・。

すでに10年が過ぎたのに、明らかにこれを超える本が作られていないのが問題だと思ったのだ。

こんな本は、各地域に当然あってしかるべきだし、何度も更新されて再発行されていいものだと思っているが、僕の不勉強かもしれないが、まだ「これは!」という本を見たことがない。

自慢話なんかしたくもないが、自慢話にしか思えないとしたら「ごめんなさい」と謝るしかない。

かつて、日本青年会議所(JC)が日本を400地域ぐらいに分けて未来を築いていくのがいいと提唱していたことがあり、格好のよいことばかりいっているから、当時会頭だった福岡のMさんに会って400冊の本をJCでつくらないかと持ちかけたことがある。

Mさんは、「それは面白いですね。JCが考えているビジョンとも合致します」と言っていたが、それっきりなしのつぶてだった。

「情けない奴らよなあ」と思ってこの記事を書いた次第。
posted by 映画プロデューサー at 23:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民主党は鳩山代表になって衆議院選挙でかたい勝利を収めるかもしれない

今日、Y新聞から、衆議院選挙に関する調査に協力してほしいという電話があった。

若い女性の声だった。

数日前に、留守番電話にも入っていた声だった。

嫌な声ではないし、もしかしたら綺麗な女性ではないかと思える声だったが、相手にするのも面倒な気がした。

「Y新聞です」が「A新聞です」でも同じだと思う。

すでに1年以上前から新聞は取っていないし、水戸黄門の印籠を突きつけられたって、当方には何の関係もないのだから。

「結構です」と言ったら、押し付けがましい口調(当人はそうは思っていないかもしれない)で「誰にでも行っている調査ではないですから」と、暗に「選ばれた人への調査ですから」といったニュアンスでしつこく攻めてくる。

これにも腹が立った。

当人たちが気がつかないおごりが垣間見える。

「申し訳ないけどごめんね」と言って電話を切ったが、いっぺんに新聞をはじめマスコミへの怒りが噴き出してきた。

夕方には”新型インフルエンザ”のことについて書いた。

関西が新型インフルエンザという大災害に見舞われている

厚生労働省(政府全体か?)とマスコミがぐるになって関西を隔離しようとしているのではないかと思ったからだ。

見え見えなのに、あらゆるマスコミが恥ずかしげもなく記事のタネをでっち上げている。

政治についてもそうだ。

毎日のぶら下がり記事がメインニュースになっている。

政治のことにはあまり触れない当ブログだが、最近のマスコミの論調やあり方に常々違和感を感じている身としては、備忘録も兼ねて書いておかなければならないと思った。

マスコミが得意げに主張するように、今の政治も政治家も信頼を失っていると思うが、それ以上に由々しきことは、テレビのひどさは論外だとしても新聞などの体たらくぶりにには呆れはてることが多い。

西松建設がらみの事件で、小沢一郎民主党代表の第一秘書が逮捕されたが、ほとんどすべてのマスコミは検察批判をしない。

急先鋒でなければならないのに。

で、逮捕から2ヶ月あまりがたって、やっとマスコミの思いが通じてか、突如として小沢氏が民主党代表を辞任した。

民主党代表戦は、ごく短期間のうちに、国会議員だけの投票で行われた。

結果は、鳩山由紀夫氏が岡田克也氏を退けて民主党代表に選ばれ、マスコミは小沢傀儡だとあげつらおうとしたが、旬のネタとしては新型インフルエンザのほうが将来性があり、みんなそっちのほうに重心を移してしまった。

関西はまるで戦地の様相を呈している。

そんな中、民主党代表になった鳩山氏は岡田氏を幹事長、菅氏を従来どおり代表代行、小沢氏を衆議院選挙を取り仕切る筆頭代表代行に任命した。

ポジショントークのわけしり顔の識者などが民主党にサプライズがないなどと言っているが、また、サプライズがない仕組みに関心がないマスコミは急速に民主党に対する扱いを小さくしているように思えるが、僕は意外と大きなマグマが動き出したような気がしている。

新聞などマスコミの世論調査(人気度?)では、民主党代表候補として鳩山氏は岡田氏に差をつけられて負けていたが、それをマスコミは世論とのズレと煽り立てていたが、意外とこの布陣(人事)は強力かもしれないと思った。

岡田代表だったら大きなムーブメント(サプライズ)がおきて民主党が衆議院選挙に勝つかも知れないが、その先があやういと思われる。

だが、鳩山民主党で選挙に勝ったら、政権運営がうまく行かなかったとしても、次があると思われる。

マスコミは、ジャーナリズムの基本に戻らないと先がないはずだが、はっきりと言って羅針盤を失っている。

いや、立派な羅針盤は持っているが、目指すべき方向をまったく失っている。

しかし、今という時代は、すべてを失わないと再生は出来ない。

すべてを失うと、生き延びることさえ出来ない。

とすると、消え去るのみか。

マスコミがそんな瀬戸際に立った断末魔の時期かと思うと、すべてが納得できて許せるような気になるが、果たしてそれでいいのかとも思う。

それぞれの記者に期待するしかないが、”この記者は”という記者の顔も見えない。

個人的には、Y、M、K、もう一人のM、Sなどの印象深い記者の顔が思い浮かぶが、はかないイメージである。




posted by 映画プロデューサー at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野次馬的無責任発言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。