2009年04月18日

豚肉もやしニラ炒め

料理の本も数冊あるが、最近はネットでレシピを調べることが多い。

今日は近所の直売所でニラが1束50円と安かったから2束買って、半束を昼食のインスタントラーメンに入れて食べ、残りを夕食のメニューに取り入れようと思い、ネットでニラのレシピを調べた。

にら レシピ 132品 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが50万品

このサイトの”豚肉もやしニラ炒め”が直感的に気に入った。


豚バラ肉(スライス) 100g
もやし 1袋
ニラ 1/2束
しょうが 1カケ
塩コショウ 少々
☆オイスターソース 小1
☆酒 大1
☆醤油 大1
☆鶏がらスープの素(中華スープの素) 小さじ1弱
☆ごま油 小さじ1/2
☆ラー油 数滴
水溶き片栗粉 適量


特に☆印のところが気に入った。

これは料理だと思ったのだ。

カミさんはまあまあと言う返事だったが、ダイエット中の娘は”炒め物”だったからか特別返事がなかった。

僕は、これから定番メニューに入れてもいいなと思った。

我が家で最も人気のあるネットレシピでは、小松菜と納豆の和え物だ。

今、そのレシピがどこにあるか調べてリンクを張ろうと思ったが、どこにも見当たらない。

で、僕がいつもつくるレシピを書いておく。

まず、よく洗った小松菜を熱湯でさっと茹で、冷水にとり、水気を絞り、根元を切りそろえ、醤油をふってしばらく置き、また絞ってさらに水気を絞る。

このときには小松菜に醤油味がしっかりついている。

次に、納豆をボールに入れて、刻んだねぎ、かつお節、醤油を適当にたらしてまぜ、そこに2センチ幅ぐらいに切った小松菜を入れ、さらにまぜあわせて完成だ。

小松菜と納豆の相性は最高だ。

娘は、このメニューだったら毎日でもいいといっている。

ニラから小松菜、納豆と来たのでもう1つ簡単レシピを紹介しよう。

木綿豆腐の冷奴に納豆(ねぎ入り)を乗せ、柚子こしょうをたっぷり添えて醤油で食べるだけのレシピ。

一杯飲んで腹が減って帰宅したときや、一人で晩飯を作る気になれないときなどにこのメニューは最高だ。

栄養のバランスもいい。

*柚子こしょうは九州の特産物だと思うが、最近は、スーパーなどにも置いてある。


posted by 映画プロデューサー at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご馳走されながら説教とは、これ如何に

後輩にご馳走になりながら説教をするということなんか夢にも思ったことがなかった。

だが、昨日も今日もそんな場面があり、さっきメールで後もう一押しをしてしまった。

ご馳走様でしたというところを。

ただ言いたいことは、若いのだからもっと大きく飛躍してもいいだろうということである。

その後輩がそれができると思っているからだが、女房子供を抱えて出来ないとしたら「あっそう、じゃあしょうがないね」というだけの話でもあり、なんら強制するものではない。

でもつまんないよね、と思う。

”ご馳走しながら言え”と言われそうだが、そんなモンじゃないと思っている。

これまでに成功してきたビジネスモデルが壊れそうになっているのに、その余禄に預かろうとする根性はよくない。

オマージュがないところで仕事をするのはよくない。

というか、とっくの昔にその土俵を見限っていたのに、まだその土俵に関わろうとしている自分がそもそもよくないということなのだが。

まあ、数日中に結論を出そう。


posted by 映画プロデューサー at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。