2009年04月14日

未知なる領域に侵入するときの背徳的な感覚

詳しくは書けないが、いい意味で”狂気”を取り込み、新しいサイトの企画を考えている。

何が「いい意味」かとも思うが、悪い意味で”狂気”など取り込めるわけがない。

企画を考えすすめていると、未知の領域に踏み込むような、入ってはいけない領域に侵入しているような気になり、何度も背徳的ともいえる感覚を覚える。

”神様”とか”シャーマン”とか”リトルゴッド”などの単語とともに、”生体の一部をカプセル保存したバイオスペース”というようなフレーズで企画を考えているから。

”この世とあの世をつなぐ空間”というフレーズも使った。

僕自身は結構ユーモアたっぷりに書いているつもりだが、逆に不埒極まりないと取られかねないという恐れがあり、罰でも当たりそうな心境なのだ。

前にも書いたが、すでに二人の女性に企画の概要の話をして、強烈な拒否反応を示されたことでもあるし、なかなか前途多難である。

ただ相当面白い。

今日、後輩の若いIプロデューサーから連絡があった。

面白いと思ってくれたのか、プラットフォームを構築するパートナーを紹介したいといってきた。

まあ、呆れられて話にもならないかもしれないが、ワールドワイドに展開できる企画だし、爆発的にヒットする可能性も秘めていて、多少恐ろしくはあるが楽しみだ。

近いうちに詳しく紹介できたらいいなと思っている。



posted by 映画プロデューサー at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。