2009年04月09日

野川緑地道のキクラゲ

20090409102949.jpg
桜の花が散り行く野川緑地公園の道を考え事をしながら歩いていると、コナラと思われる一本の立ち枯れの木にキクラゲの群生を発見した。

根元のちょっと上辺りからてっぺん近くまで、小ぶりだが美味しそうなキクラゲがびっしりと張り付いていた。

雨が降ったら採りに行こう。


これくらいの大きさのものは、さっと茹でて、刻んだりせずに、そのままポン酢でいただくのが一番だ。

インスタントラーメンに入れても美味い。

この大きさのキクラゲは、コナラの木ならのものではないかと、経験的に思う。

おかげで、銭にならない思考はストップしたが、脳がリフレッシュ出来たかもしれない。
posted by 映画プロデューサー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ああ、大変な時代に突入しようとしている

ずいぶん昔、王道ではなく覇道で生きるなんてある女性に言ったもんだから、自業自得で、結構大変な日々を送ってきたと思う。

だから、節目節目でマッドスルー的な生き方を強いられてきたと思っている。

それで何度か危機を救われたことがあるとも思っている。

何人かの人から、マッドスルー的な生き方をするから危機的状況が起きるのだとたしなめられたこともある。

ありがたい言葉だった。

そういう意味では、ブレークスルーは日常的なことであった。

朝起きたときから、昼食を食べた後も、一杯飲みながらいつも突破することを考えていた。

そんな今日、マッドスルー的状況が数年にわたって続き、すべてがうまく行かないし、朝起きたときからとても疲れていた。

やるべき用もなく、かわいそうに(誰もそう思ってくれない)疲れ果ててしまい、満開の桜の木の下のベンチに座って一息入れていたら、沈思黙考状態になって精神が集中し、とびっきりのアイディアが突然頭の中に浮かんできた。

で、マッドスルーとブレークスルーの違い、あるいはヤフーとグーグルではどう違うのかを調べてみた。

なぜ調べたかというと、今を生き抜く上に置いてマッドスルーという言葉がきわめて重要で、ネット上ではどうなっているのかを知っておくべきだと思ったからだ。

そして、最初に調べたヤフー検索における検索結果件数が、たった12と想像とかけ離れた数字だったから驚いた。

ヤフー検索では
マッドスルー12件

グーグル検索では
マッドスルー32万9千件

すごい違いである。

で、よく使われるブレークスルーでも調べてみた。

ヤフー検索結果
ブレークスルー295万件

グーグル検索結果
ブレークスルー59万4千件

微妙な数字だ。

よくわからないが、そんな数字は問題ではない。

問題は、マッドスルーやブレークスルーという言葉自体を知らない人が多いことだ。

若い人でも。

あるいは、ネット上で飛び交うことごとが、言葉が、一部の層だけで使用され、利用されていることだと思う。

今日思いついたアイディアをカミさんに話したら、「唖然とした」とあきれたように言った。

説明しながら言ったのだが、使用する言葉のひとつひとつが日常生活からかけ離れていて、生活を共にするカミさんとの間でもまったく会話にならないのだった。

詳しくは書けないのだが、「マッドスルーによるイノベーションの結果、クラウドドコンピューティング元年にあたる今年、永遠に生きたい人々の願望を実現するソリューションビジネスのアイディアを思いついた」ということを、具体的に、ひとつひとつの言葉を丁寧に説明しながら話したが、まったく伝わらなかったのではないかと思っている。

「勝手にやったら」「好きなようにやるしかないよね」「止めてもやめない人だからね」ということだと思うが、これがカミさんだけではないからつらい。



posted by 映画プロデューサー at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。