2009年04月02日

風が強く頭の白い髪がモシャモシャ

朝からヒューヒュー音がするほど風が強い。
午後になっても風はおさまらず、外に出ると頭の白い髪がモシャモシャになり、ビルのガラスに映った自分の姿を見て笑いそうになった。

革のジャケットにハイネックのセーターで先を急ぐ顔の表情が厳しく、一般人離れしているようなたたずまいで、老いかけた夜叉みたいに見えたから。

実際少し笑ったから、電車の窓に写った顔は穏やかになっており、まるで翁面のように見えたが、それはそれで一般人離れしていて、自分で言うのもなんだか不気味だった。

とりあえず、髪の毛でも切らなくちゃと思った。
posted by 映画プロデューサー at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後、最後と言う奴は長生きするらしい

もう何人もの人に口頭で伝えたり、メールに書いて伝えたりしたから、秘匿事項ではないと思うのでここに紹介する。

と言ってもたいしたことではない。

”最後、最後”という人は長生きするらしいが、”赤とんぼ作戦”は僕の最後のチャレンジになると言ったり書いたりしてきた。

僕が長生きするだろうという話ではない。

まあ、僕に関心のない人にはまったく関係ないことなのだが、ここは僕のブログだから、僕が何を書こうが勘弁してもらうほかない。

重ねて言うが、長生きするかしないかの話ではない。

僕は”赤とんぼ作戦”でケータイとネットを使い倒して討ち死にしていいと思っているが、僕の周辺の人たちがケータイにもネットにも総じて疎く(失礼)、空回りしてしまうのではないかと不安なのである。

きっとそうなると思うから、”今の高校生たちなど若い世代”を相手に
切り込まないといけないのではないかと考えたりするが、もっと空回りしそうな気がしてプロジェクトの組み立てができないでいるのだ。

後輩のIプロデューサーや福岡で活躍しているライターであり演出家ののAさんなどは、面白いと関心を示してくれるのだがビジネスではないようだ。

だから、面白いけど実現へ向けて動かないかもしれない。

僕がいくら”最後”といっても、どうということはない。

本人にとってはかけがえのない”最後”なんだけど、他人からすると馬鹿にはしないまでも、誰にでもある”最後”でしかないのだから。

そう、誰にでも”最後”は来るものだから、ちっとも珍しくも特別でもないのだ。

でも、”最後”といいたくなるのは、決して弱気だからではない。

けじめをつけたいという気持ちからなのだと思う。

きっとどんな悪人でも、死ぬときには誰でもけじめをつけておきたいものだ。

勿論、僕が悪人だということでもない。

悪あがきをしているのだと思う。

プロゴルファーの青木のように「しゃーあんめぇ!」と言えばいいいのに。

こんなことを書くのは、映画が極めてビジネスライクなことごとで成立しているのに、本質的には、うじうじした内面を表現するメディアであるのだろうと思う。









posted by 映画プロデューサー at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 聞かれちゃいけない独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。