2009年03月13日

大人がパケット料金定額制に加入しない訳

ケータイサイトを立ち上げて、見て(読んで)もらいたいページのURLをメールで送ろうとしたら、ほとんどの人がPC用のメールアドレスしかなく、ケータイでそのページを読んでもらえなかった。

ケータイ用動画コンテンツのシナリオなので、ケータイの画面でこそ読んで感じてもらいたかったのだが。

僕の周囲の大人は、パケット料金定額制に加入している人は少ない。

ほとんどいない。

そう言う僕だって、つい最近、料金プランをパケホーダイダブルに変更したばかりである。

普通、大人はパケット料金の定額制など必要ないのである。

大抵はPCで済んでしまう。

必要な時は、ずっと以前のダイアルアップでネットに接続していた頃のように、ちょっと忙しなくこちょこちょやれば用は足りるというものだ。

昨日、NTTドコモから「パケット料金定額制加入をすすめる」メールが来た。

「このメールは加入している人にも、してない人にも送信しています」というような但し書きもあったが、僕の尋常でないパケット代を見かねて、ドコモがよこしたメールだと思う。

僕がそうだったように、大人は基本的にパケット料金が高いと思っており、かといって定額制が決して高いとは思ってはなくて、その必要性を今のところ感じてないというのが、普通の大人の心境ではないだろうか。

大人がパケット料金定額制に加入したくなるような、魅力的なコンテンツがないから。

いや、さっき大人は定額制が高いとは思ってないと書いたが、もっと安くてもいいと思っているかもしれない。
ドコモなど、PCサイトをフルサイズで見たら割増料金がかかる。

姑息とは言わないが、小出しをして、心底喜ばしてくれない。

実を言えば、僕だって通話料の枠を削って、なんとか帳尻を合わせたのだ。

そして結局、今月からドコモへの支払い額は、確実に数千円は増えるはずだ。

ネット接続に必要な固定電話の基本料金など、NTTグループは実に上手にシモジモからお金を巻き上げる。

だから、大人はパケット料金定額制に加入しないのではないか。
posted by 映画プロデューサー at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。