2009年03月17日

脳を走らせろ!止まったら死ぬぞ

ほぼ毎日チェックするブログに池田信夫氏が主催する”アゴラ”というサイトがある。

まだ開設されて間もない(β版とある)と思うが、すでに様々な刺激を受けている。

そこで、まず赤の女王 - 池田信夫の記事を読み、続けて Re:赤の女王 - 凄まじいスピードの時代 - 渡部薫 を読んで、面白かったから、渡部氏のサイト”インターネットの未来 - 渡部薫ブログ - Livin' on the Cloud”に飛び、下記の映像を知った。

様々な刺激の意味の一つ。



ハリウッド的劇場用映画の臨場感とは異なるが、英語のナレーションの意味もよく分からないが、独特の面白さがあって楽しめる。

それも無料で。

多少忙しないけど、池田信夫氏や渡部薫氏に共感するところが多い。

「脳を走らせろ!止まったら死ぬぞ」

狂気に近いが、これが現実かもしれない。

そして、僕は止まり続けているのだろうか、と付け足しのように考えた。





posted by 映画プロデューサー at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット上から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

パソコンのCD-ROMが反応しなくなった

未来は突然やって来る。

わが家のパソコンがまずい状況になったようだ。

今、わが家にはデスクトップが一台しかない。

そのパソコンのCD-ROMが反応しなくなったと、さっき娘が言う。

で、疲れているが、またパソコンに向かう。
まったく反応していない。

ハードに問題があるとしたら手の打ちようがない。

まあ、ソフトでも同じだが。

今の僕の知識では、データのバックアップが出来ないから、もう一台パソコンを買ってランネットワークを組み、問題を解決するしかないようだ。

まいった。

また、金がかかる。

一昨日、洗濯機を買ったばかりである。

不思議と重なる。

電化製品やクルマ関係などで感じていたことだが、ひとつがおかしくなると数珠繋ぎのように、あらゆるものが支障をきたすことがある。

ひとつひとつ解決していくしかないのだが、他にも問題をいっぱい抱えているから、結構頭が痛い。

きっと、今週はハードな一週間になるに違いない。

いいこともないではない。

深夜、さっき娘から「誕生日おめでとう」と言われた。

ちっともおめでたくはないが、娘が覚えておいてくれたことが、最もおめでたいことかもしれない。

さっき、満61歳になった。

これも支障のひとつと言えなくもない。

若い人には理解のしようもないことだと思うが、歳をとるということはなかなかハードなことだ。

じぶんの死をリアルに実感するのは難しいから。

実感は出来ないけど、確実に衰えて行っているのは分かる。

仏になるか、鬼になるか、今週はそんな進路を問われそうだ。
posted by 映画プロデューサー at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

多摩川でマルタウグイを狙ってみた

20090315161115.jpg
天気がよく、暖かく、ちょっと早いとは思ったが、多摩川でマルタウグイを狙ってみた。

写真のスプーンは、渋谷の上州屋で買った200円ぐらいの安物だが、昨年はよく釣れた。

昨年二月末に、五反田から狛江に引越して来て、マルタウグイのことをはじめて知った。
大きいものは60センチに達し、迫力のある魚体で、引きも強い。

最盛期には、多摩川をおびただしい数のマルタウグイが遡上する。

瀬を遡上する光景は、鮭と同じように美しい。

東京の都心近くの川だけに、この光景には独特の美しさがあると思う。

切ないような。

ブログには、下流域ではもうマルタウグイを釣ったという情報もあった。

間もなく、狛江辺りまで遡上して来るはずだ。

多摩川は自宅からチャリで10分足らずのところだ。

天気がよければ、毎日でも多摩川に通いたいような気分である。
posted by 映画プロデューサー at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ワード文書をホームページビルダーに移したら

他人にはまったく関係ない話だが、昨日からパソコンで偉く時間をとられている。

ペラで300枚ほどあるワード文書のシャリオを、ホームページビルダーにコピー&ペーストしたら、めちゃめちゃ重いページになってしまった。

で、修正し始めたらこれが大作業で、昨夜から都合6時間もかけているかまだ終わっていない。

このまま作業を続行するか、別の方法をえらぶか思案のしどころだが、いい方法が思い付かない。

「前・中・後」ぐらいにページを分割するしかないかもしれない。


ここまではケータイで書き、アップしたもの。

結局、イメージどおりにはならなかったが、6分割で何とか仕事を終えた。

下記ページをつくっていた。

映画『酒呑童子』シナリオ
http://www.pine-wood.com/sukabura/douji-kikaku3-1.htm

トータルの所要時間は約10時間以上でした。

まったく割りにあいません。

明日の日曜日は、ケータイサイト用のページをつくる予定。

簡単にいけばよいのだが。

posted by 映画プロデューサー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

大人がパケット料金定額制に加入しない訳

ケータイサイトを立ち上げて、見て(読んで)もらいたいページのURLをメールで送ろうとしたら、ほとんどの人がPC用のメールアドレスしかなく、ケータイでそのページを読んでもらえなかった。

ケータイ用動画コンテンツのシナリオなので、ケータイの画面でこそ読んで感じてもらいたかったのだが。

僕の周囲の大人は、パケット料金定額制に加入している人は少ない。

ほとんどいない。

そう言う僕だって、つい最近、料金プランをパケホーダイダブルに変更したばかりである。

普通、大人はパケット料金の定額制など必要ないのである。

大抵はPCで済んでしまう。

必要な時は、ずっと以前のダイアルアップでネットに接続していた頃のように、ちょっと忙しなくこちょこちょやれば用は足りるというものだ。

昨日、NTTドコモから「パケット料金定額制加入をすすめる」メールが来た。

「このメールは加入している人にも、してない人にも送信しています」というような但し書きもあったが、僕の尋常でないパケット代を見かねて、ドコモがよこしたメールだと思う。

僕がそうだったように、大人は基本的にパケット料金が高いと思っており、かといって定額制が決して高いとは思ってはなくて、その必要性を今のところ感じてないというのが、普通の大人の心境ではないだろうか。

大人がパケット料金定額制に加入したくなるような、魅力的なコンテンツがないから。

いや、さっき大人は定額制が高いとは思ってないと書いたが、もっと安くてもいいと思っているかもしれない。
ドコモなど、PCサイトをフルサイズで見たら割増料金がかかる。

姑息とは言わないが、小出しをして、心底喜ばしてくれない。

実を言えば、僕だって通話料の枠を削って、なんとか帳尻を合わせたのだ。

そして結局、今月からドコモへの支払い額は、確実に数千円は増えるはずだ。

ネット接続に必要な固定電話の基本料金など、NTTグループは実に上手にシモジモからお金を巻き上げる。

だから、大人はパケット料金定額制に加入しないのではないか。
posted by 映画プロデューサー at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

htmlからxhtmlに移行なんて言われても

昨日、QRコードが作れたなんて喜んでいたら、今度はxhtmlで悩んでいる。

ITの世界は未踏のジャングルと同じで、まさに一難去ってまた一難が連続する。

10年も前に、頭が痛くなりながらhtmlのことをほんの少し知り、何とか稚拙なホームページぐらいはつくれるようになったが、いつの間にかhtmlからxhtmlへ移行したというではないか。

どういうことかもよく分からない。

これを理解し、実行できるようになるのはなかなか大変だと思われる。

僕には無理かもしれない。

どうもバージョンアップではなさそうだから。

それとも、今僕が使っているソフトはIBMホームページビルダーバージョン6だが、バージョン12か13を買えば解決できるのだろうか。

アナログ放送が地デジに変わるようなことだろうか?

どうしたらいいか、まったく見当がつかない。







posted by 映画プロデューサー at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

簡単にQRコードが出来た

思いのほか簡単に、ケータイサイトのアドレスを読み取るQRコードをつくることが出来た。

QR_Code.jpg

下記、無料作成サイトで、10分もかからずに出来た。


QRのススメ 【無料で作成!QRコード徹底活用サイト】

自分の無知ぶりはさておき、久しぶりに少しばかり感動してしまったた。

posted by 映画プロデューサー at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

短いセンテンスの文章

前に、お宝を公表するなんて釣りっぽいタイトルの記事をアップしたが、今日、ケータイでそのお宝である「企画書」を読み返してみた。


ケータイで見ると(読むと)、センテンスも文章も長く感じられた。


いかにも長いと言ってもいいくらいだ。


ケータイには不向きな文章の典型。


ケータイの常識を知らない者が書いた、鬱陶しい文字の羅列。


まあ、ページを開いただけで即座に他のページに飛ぶか、切ってしまうような記事だと思う。


だから公表したのだが、ケータイを勝手に理解(誤解)しているのではないかとも思っている。


それが本当にお宝なら、センテンスや文章がどんなに長かろうが、人は読むものだと思う。


いや、違う。


もう、みんな、お宝なんてないことを知っている。


知っているけど、本当にお宝があるような誘導、優れたデザインと文章があれば、ちょっと見てもいいかなと思って読む。


そこで、お宝が本当に魅力的かどうかになる。


でも、それは下手をすると末端のやり取りになる。


巧みな誘導は、何かを取りこぼしはしないか。


いや、すでにすべてが巧みになり過ぎていて、見透かされてしまってはいないか。


だって、お宝の「企画書」は、現実のリアル社会の文書としては、極めてコンパクトなものだから。


ケータイの可能性をより求めながらの所業でした。
posted by 映画プロデューサー at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

新しいお宝を公表しました

新しく立ち上げたケータイサイトに、ある企画書の一部を掲載した。

この企画は、僕にとっては大事なお宝だ。

立ち上げたばかりのケータイサイトの、少しだけ深い場所に置いてあるから、まず見る人はいないと思うが、一大決心で公表したものだ。

見て欲しいけど、やたらと見られたくないとかいう心境ではない?

ビジネスだから、そういうシチュエーションが必要なのである。

お宝はそう簡単には手に入らないものだ。

でも、正直言うと、あまり遠いところに置いていいほどのお宝でもない。

まあまあのお宝だから、ほどよいところに置いておかなくてはならない。

少し努力したり、多少の手間を取ったりしたら、誰にでも手にはいるような塩梅がいい。

お宝のありかは下記のケータイサイトにあります。

世知辛い世の中、騙されたと思って、見るのも一興です。

http://www.pine-wood.com/m/index.html

ただし、ケータイで読むと少し長いです。

*先日、この企画書を読んだある後輩のプロデューサーが言いました。
「これは大したお宝になるかもしれませんよ」

だから、決して僕だけの思い込み企画ではないはずです。

「と言われても・・・」

ですよね。

「ウッ、フッ、フッ、フッ・・・」



posted by 映画プロデューサー at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

すかぶら見聞録


ケータイサイト『映画プロデューサーのモバイル奮闘記』に、このブログ『コンテンツプロバイダーへの道』を連動させたとさっき書いたばかりだが、PCサイトの日記『すかぶら見聞録』もリンクした。


十分見れるからだ。


まあ、同じ記事は書いてないから、両方連動(リンク)することにした。


実に軽いと思うが、これも持ち味。


しばらくは、右往左往しながら、方向を見定めて行こう。


面白い。


ケータイの画面が小さいから、テキストの量が多いとユーザーから敬遠されるなどという勝手な思い込みを、決して信じてはいけない。


昔のように、ケータイは忙しい人たちだけが利用するわけではない。


言っちゃ悪いが、ケータイはコモディ化して、暇な人たちがじっくりと見たり読んだりするメディアになったのかもしれない。
posted by 映画プロデューサー at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログをケータイサイトと連動させた

とりあえずの記事です。

このブログを、ケータイサイト”映画プロデューサーのモバイル奮闘記”と連動させることにしました。

http://www.pine-wood.com/m/index.html

もしよかったら、覗いてみてください。

出来たらケータイで。

勿論、まったくたいしたことはありませんが、それにまだ工事中が多いと思いますが、60過ぎの男がよくやるよなあという面白さはあるのではないかと思います。

posted by 映画プロデューサー at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

映画プロデューサーのモバイル奮闘記

数日前から『映画プロデューサーのモバイル奮闘記』というケータイサイトを立ち上げ、コンテンツの充実を図っている。


ソフトはIBMのホームページビルダーを使用している。


画面が小さいから簡単なようだが、それ用の画像を細工しなければならないし、デザインとのバランスをとるのがなかなか大変で、少なからぬ時間を費している。


時給換算で考えても大した仕事量なのだが、誰に頼まれたのでもなく、お金になるあてもなく、カミさんに言われるまでもなく、狂気の沙汰に近いと思う。

もう十日あまりもパソコンとケータイにかじりついている。


その間、三度の飯は食うし、日が暮れると酒は飲むし、しょっちゅう煙草は吸うで、何を求めての狂気か?


これまで、いつも、狂気の沙汰のあげくに、活路を見いだしてきたとの記憶がある。


厄介だが、これが成功体験のようにインプットされていて、秘かな快感もあり、狂気の沙汰をしゃにむに突っ走ることになる。


誰も経験したことのない世界かもしれないと思ったりすると、より元気になり、勢いづいて突っ走る。


でも、もう深夜。


いい加減、疲れてしまった。


お楽しみは、また明日ということにしよう。
posted by 映画プロデューサー at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

本格的に春がきた

仕事の合間に、チャリで喜多見のスーパーに買い物に出ると、快晴で、暖かく、正に春が来たという陽気だった。


年をとるに連れて寒さがこたえるようになり、今日のような天気は本当に有り難い。


元気が出る。


今日はほぼ一日中パソコンに向かっていたが、日中は部屋の窓を開け放しにしていたほどで、おかげで仕事も随分とはかどった。


間もなくケータイサイトも出来る。


明日はまた雨模様の天気になるらしいが、もう真冬のような寒さはないと思う。


今日の陽気で、希望まで見えてきたような気がする。
posted by 映画プロデューサー at 21:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

夕張映画祭は刺激的だったらしい。

夕張映画祭から帰ったばかりのIプロデューサーから連絡があり、久しぶりに西荻窪の事務所を訪ねた。


関係する作品が招待されたので急遽夕張に行ったらしいが、P社のT社長から様々な人を紹介してもらったりして収穫も多く、とても刺激的な体験をしたとのこと。


Iプロデューサーが数年前から企画中の映画のシナリオは、添付メールで送ってもらうことにして、別の企画の話をした。


ネットとケータイが発達した今、若いクリエーターは自前のメディアを持って、仕事をしていく必要があるのではないかという自説を展開した。


押し付けがましいとは思ったが、このブログのタイトルにも書いているように、「これからのコンテンツホルダーはコンテンツプロバイダーを兼ねなくてはならない」と本当に思っているから、Iプロデューサーが辟易するぐらい喋った。


Iプロデューサーに限らず、皆そんなことはわかっているのだと思う。


わかってはいるけど現実に飯を食うためには、旧来メディアに頼るか、資金力のある(ありそうな?)新メディアのお世話になる他ないと考え、今を邁進しているのだろう。


真面目なんだけど、面白くない。


もっと、出鱈目であって欲しい。


若いからではなく、クリエーターなのだから。


生真面目なのはいい。

昨夜、ある若いスタッフからケータイに連絡があった。


今日、連絡をしてお茶でも飲もうかと言ったら、焼き鳥の方がいいですとの返事。


飲み助だからいいのだが、時には、素面で尖ってみるといいのになあと思った。


まあ、若い者に押し付けるのではなく、自分がもっと尖ればいいのかもしれないと、帰りの電車の中で反省しながら考えた。
posted by 映画プロデューサー at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケータイサイトの作り方が理解できた


ホームページ作成ソフトのホームページビルダーを使って、ケータイ用のモバイルサイトを開設するべく夜なべをしていたが、やっと理屈が理解できて作業が進み始めた。


一時は、ホームページビルダーのバージョンが古くて開設するのは無理かなと思い、「魔法のiらんど」にホームページを開設したりしたが、なんとか自分のドメインサーバーにモバイルサイトが作れそうだ。


簡単に書いたが、ここまで至るのがなかなか大変で、まるで逃避者のような毎日だった。

だから、今はどちらかと言うと、気分は悪くないのである。


ただ、サイト内の日記をどうするかが問題で、多少の引っかかりがあり、気分爽快とはいかないのだ。


本当は日記をブログ形式にしたいのだが、自分のドメインでのブログ構築方法がわからず、ジトーと悩んでいる。


でも、焦らず本来の仕事をしながら、課題(問題か?)を解決するしかない。


言ってみたら、モバイルサイトの開設なんて、ビジネスにならないのなら、一文の得にもならないゲームと同じで、時間潰しの遊びでしかない。


遊びの面白さは確実にあり、いい男の大人が熱中できる対象ではあるのだか、いかんせん、お金にするのが難しい。


還暦を過ぎ、年金生活とは無縁のフリーターである男には、ケータイ用のモバイルサイトを作っているなんて、とても人に言えた話ではない。


で、この記事を寝床の中で書きながら、感じたことがある。

パソコンを始めた時にも多少感じたことがある感覚だ。


深夜、寝床にケータイを持ち込んで暗闇の中で書きながら年相応に黄昏た気分になったが、とてもデジタルな気分であり、前向きで楽観的であり、何となく楽しいのであった。


とても人に言えた話ではない、と思いませんか?
posted by 映画プロデューサー at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

ネットとケータイを使いこなして

天気がよく、午後から下北沢に出て、いつもの喫茶店でS監督に会う。

S監督は昨年秋頃にパソコンを買い、やっとネットにも慣れて来たようだ。

で、今日はもっぱらネットとケータイの話題を持ち出し、新しい仕事(企画)のことを絡めながら、精一杯洗脳しようと喋った。


要は、パソコンの次はケータイであり、これからは、その二つを使いこなすのが肝要だという話をした。


ケータイでいくつかのサイトを見せながら説明したから、少しは僕の構想を理解してくれたかもしれない。


ケータイ料金プランをパケホーダイダブルに変更して、今日はじめて気づいたことだが、ケータイは便利がいいを通りこえて、会議室におけるパワーポイント以上に有効な、最強ツールではないかと思った。





ケータイ
posted by 映画プロデューサー at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下着姿のアバターを紹介。

0.gif
モバゲータウンの僕の分身であるアバターを紹介する。

以前の記事に書いたが、恥ずかしながら、未だに下着姿のままである。

でも、モバゲータウンのアバターを表に引っ張り出せたことに満足している。

感想を言えば、ありふれた奇跡だ。

そして、まだ一抹の不安がある。

果たして、このブログにアバターは表示されるのだろうか?

極めて初歩的な不安で、分かっている人からすると実に滑稽だとも言えるが、サバイブして生きるものには、極めて切実な問題なのだ。

だが、もう転送しよう。

やって見ないと分からない。

なるようになるさ。
posted by 映画プロデューサー at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

”魔法の@らんど”にホームページを開設した

年甲斐がないといえばその通りだと思うが、モバゲータウン登録に引き続いて、”魔法の@らんど”にケータイ用の無料ホームページを開設した。

自分のPC用ドメインサイトにケータイ用サイトを作ろうとしたが(トップページは作った)、利用しているホームページビルダーがV6と古く、対応機種もずいぶん以前のもので(ドコモの501シリーズ?)画面の幅が狭く思われ、気に入ったものにならないからだった。

モバゲータウンではアバターの取り扱いに往生したが(いまだに解決してない)、予想はしていたもののホームページ作りも大変だった。

ケータイの基本的な機能に精通してないから操作の無駄が多く、へとへとにくたびれてしまった。

まあ、それでも開設し、ブログの日記も書いた。

何事も勉強と思うが、今日は日曜日で時間もあるのに、”モバゲータウン”にも”魔法の@らんど”にも行く気にならないでいる。

posted by 映画プロデューサー at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 年がいのない日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。